· 

良質のコンクール挑戦のおすすめ

ウチの子はコンクールなんて無理無理・・・ウチは関係ない。そのように考える保護者様も多いでしょう。しかしピアノコンクールと言っても様々なものが存在します。

上手に利用すればお子様の技術はもちろん、精神力や練習の質まで変えてしまうことが出来ます。ステップやグレードでももちろんそれは可能ですがやはり「コンクールが一番伸びることは事実」です。

 

ちなみに予選通過が厳しいものとしては

 

●ピティナコンクール

●ショパンコンクールin Asia

 

が有名です。準じるものとして「バッハコンクール」「ブルグミュラーコンクール」などがあります。なんと7割以上の評価で関東大会までは行ける「アールンコンクール」もあります。そしてコンクールを受けるとこのような効果があらわれます。

 

 

●きちんと基礎固めをしないと「皆が上手」なので練習内容が変わる。

 

●弾けていて当たり前、「その先のどう表現するか」まで深い演奏となる。

 

●暗譜して人前で最高の自分を表現するため、精神的に強くなる。

 

●自分よりもっとうまい人の演奏を聴いてそれがなぜなのかわかる。

 

 

コンクールは結果が全てではないことを小さなうちから肝に銘じながらもより一層音楽の深淵を学ぶ機会を得てみませんか。大切なお子様をどのように育てたいですか。微力ながら私にお手伝いが出来れば幸いです。